いらっしゃいませ!

栃木県管工事業
協同組合連合会へ

 

宇都宮市管工事協同組合
栃木市公認管工事業協同組合
小山市管工事業協同組合
栃貯水槽協
 
2022.01.05

令和4年 会長年頭挨拶 

                                令和3年1月5日
                                栃木県管工事業協同組合連合会
                                         会長  和 田  均

  新年明けましておめでとうございます。皆様方には健やかに新春をお迎えになられましたこととお慶びを申し上げます。また、平素より関係各位並びに会員の皆様には、当連合会の事業活動に対して格別のご支援、ご協力を賜り、改めて御礼申し上げます。
  昨年を振り返りますと、第5波が収束するまでの殆どの期間で緊急事態宣言か蔓延防止等重点措置が実施され、東京オリ・パラも異例ずくめの開催になるなど、コロナの対応に追われる1年でありました。我が管工事業界も少なからず影響を受け、国外生産依存度の高い製品・部品の納期遅延や新規受注停止といった事態の発生や、新規住宅着工数の減少、設備投資の伸び悩みなどの影響を受けて、管工事受注は回復の動きを見せない状況が続きました。
  秋以降、ワクチン接種の拡大や国民の多くの努力によって収束に向かいましたが、今後も感染の波を繰り返すことが避けられないのであれば、多くの専門家が言うように、病床拡充・国産治療薬開発などの医療体制の整備によって、感染が拡大しても経済活動が大きく制限されることのないような環境が維持されることを願うばかりであります。そして、先の総選挙によって安定した政権基盤を獲得した政府与党には、コロナから国民の暮らしを守りつつ、成長戦略を総動員して、課題が山積し永く停滞する日本経済を早期に巻き返していただくよう、強く期待を寄せているところであります。
  こうした困難で社会経済情勢が急速に変化する時代にあって、本会の所属会員は以前にも増して、地域に根差したインフラ整備の業界としての使命を銘肝しつつ、地域社会と共に持続的に発展することが不可欠であり、その実現には、一丸となって、業界が抱える諸課題改善の取組みを前進させなければならないとの思いを新たにしているところであります。
  昨年も全国各地で自然災害が相次ぎ、その度に幾多の尊い人命や貴重な財産が失われ、水道インフラにも甚大な被害が発生してしまいました。本県において大きな災害はありませんでしたが、今後の有事に備え、本会では傘下組合と協力して災害時の応急復旧支援体制を整備し、緊急時において迅速に「命の水」をお届けできるよう、組織強化を図ってまいります。
  そして、平時においても、地域に密着し良質な水道を提供するインフラ整備の担い手としての管工事業の価値を発信して、業界のイメージアップに繋げてまいります。
  また、多様な研修機会の提供や資格取得の支援などによって本会会員の更なる技能・技術の向上を図り、優良な施工能力に裏打ちされた安心・安全な工事店の集団であることを消費者にPRしていく、そうした方針のもとに本年も様々な事業を展開してまいります。
  結びに、本年が皆様にとって素晴らしい年となりますよう心から祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。



〒321-0905
栃木県宇都宮市平出工業団地44-28

栃木県管工事業協同組合連合会
TEL028-683-6372 FAX028-683-6373